爪水虫の市販薬・塗り薬

爪水虫は根気よく治療することが必要です。市販の対策品を使って完治を目指しましょう。

爪水虫に気づいたら早めの対策をとろう

      2016/11/11

爪水虫に気づいたら早めの対策をとろう

爪水虫に気づいたら、すぐに病院へ行くべきです。どんな病気でも早期発見と早期治療が大切です。水虫というと恥ずかしい病気と思われて、病院へ行くのをためらう人もいるでしょうが、お医者さんは毎日爪水虫の患者を診ていますから、気にすることはありません。恥ずかしがらずに診療を受けましょう。

爪水虫かなと思って皮膚科の病院へ出かけると、窓口で問診されたり「どうしました」と聞かれて爪水虫かもと答えるのが嫌という人もいるでしょう。そんなときにはひとまず「足の爪がおかしい」とか「足の指がただれている」などと言っておきましょう。詳しいことはお医者さんと向き合ったときに言えば大丈夫です。また、必ずしも足がかゆくなったから爪水虫だとは言い切れません。他の種類の皮膚病でも足がかゆくなることはありますから、お医者さんに正直に症状を話しましょう。

爪水虫の疑いで病院に行くと自覚症状の現れた時期や、自覚症状とその場所、家族の中で爪水虫にかかっている人の有無、今までかかったことのある病気、現在使っている市販薬の種類や生活習慣(喫煙・飲酒など)を聞かれます。これらは治療に必要なことですから正直に答えましょう。診察ではたいていの場合、患部の組織をピンセットなどでつまんで取り、顕微鏡で菌がいるかどうかを検査するだけですから、特に痛みを伴ったりするものでもありません。

爪水虫は一度の検査では菌が発見されない事があります。病院で検査を受けて爪水虫ではないと言われても、症状が改善しない場合には、もう一度受診するか他の皮膚科に相談することをお勧めします。最近ではインターネットのサイトなどで爪水虫かどうかを自分で確認できるところなどもあり、簡単な質問に答えていくだけで爪水虫かどうか判断できますので、病院へ行く前にこういったサイトなどで確認してみるのもいいでしょう。

爪水虫かなと思って病院で診療を受け、爪水虫ということが判ると塗り薬などが処方されますから、薬を受け取る時に使い方をよく聞いて正しく使うことが大切です。角質増殖型の爪水虫では、薬が角質層に浸透しづらいため、お風呂などで足を綺麗にした後で薬を塗るのが効果的です。爪水虫の種類にもよりますが、治療には半年程度の期間がかかります。また、症状が好転したからといって薬の使用をやめると完治せずにまた症状が現れたりしますから、治ったと思ってもしばらくは薬を使う必要があります。

爪水虫専用の市販薬でもOK

最近は市販薬でも効果の高いものが販売されています。
病院に行く時間がなかったり、やっぱり恥ずかしいという方は、まず市販薬で爪水虫を治療してもいいでしょう。

市販薬を使った治療のポイントは説明書をよく読むことです。説明書どおりに用法・容量を守りましょう。
特に爪は薬剤が浸透しにくいので、使い方もやや特殊である場合があります。めんどくさくてもしっかり説明書を読みましょう。

市販薬を使っても爪水虫の症状が改善しない時は、早めに病院に行きましょう。爪水虫を放置すると、完治までの時間も長くなりますので、市販薬で治らないときは早めに病院に行きましょう。

浸透力に特化したおすすめの爪水虫対策製品

クリアネイルショット

 爪水虫対策のポイントはなんと言っても「浸透力」です。皮膚に比べてとても硬い爪の内部に、いかに効果的に有効成分を届けるかがとても重要になってきます。
クリアネイルショットは浸透力に特化した爪水虫専用のジェルです。
利用者アンケートでは、なんと81%の人が変化を実感しています。
現在1ヶ月お試しコースが用意されていて、しかも満足できない場合は使用後でも全額返金保証をしてくれます。
これは製品に絶対の自信があるからなのでしょう。
爪水虫の治療は、爪が生え替わるまで続くため、長期戦となります。
秋から冬にかけての涼しくなる季節は白癬菌の活動が低下するため、爪水虫の完治を目指すには最適な期間です。今から治療を始めて、早めの完治を目指しましょう。

 - 爪水虫について