爪水虫の市販薬・塗り薬

爪水虫は根気よく治療することが必要です。市販の対策品を使って完治を目指しましょう。

タバコを吸う人は爪水虫になりやすい傾向がある

      2016/11/17

タバコを吸う人は爪水虫になりやすい傾向がある

海外の論文によるとタバコを吸うと爪水虫になるリスクが高まるそうです。

  • Smokers also have a high risk of fungal nail infections. This could be due to poor blood circulation in fingers and toes due to long term smoking.

  • 出典:Causes of fungal nail infections

長期的な喫煙によって手の血行が悪くなることがその理由となります。以前に爪水虫と冷え性の関係という記事を書きました。冷え性による血流の悪化が、代謝の低下と免疫力の低下をまねき、それによって水虫を発症しやすくなります。
喫煙による血行不良も同じだと思われます。

リスクは約2倍に上昇

カナダのウィメンズカレッジという大学で、254人を対象に調査を行ったところ、1日あたり20本以上タバコを吸っている人は、吸わない人に比べて爪水虫なるリスクは1.9倍に上昇することがわかりました。
タバコを吸うと必ずしも爪水虫になるわけではありませんが、リスクがかなり高くなることがわかります。タバコには爪水虫以外にも様々な健康リスクがあります。タバコを吸うことにも当然メリットもありますが、それよりもかなり多くのデメリットが存在するのも事実です。
一度、メリット・デメリットを明らかにしてみるといいかもしれません。
なお、タバコをやめたからと言って爪水虫にならないわけではありません。爪水虫にならないためには清潔にすることが第一です。

浸透力に特化したおすすめの爪水虫対策製品

クリアネイルショット

 爪水虫対策のポイントはなんと言っても「浸透力」です。皮膚に比べてとても硬い爪の内部に、いかに効果的に有効成分を届けるかがとても重要になってきます。
クリアネイルショットは浸透力に特化した爪水虫専用のジェルです。
利用者アンケートでは、なんと81%の人が変化を実感しています。
現在1ヶ月お試しコースが用意されていて、しかも満足できない場合は使用後でも全額返金保証をしてくれます。
これは製品に絶対の自信があるからなのでしょう。
爪水虫の治療は、爪が生え替わるまで続くため、長期戦となります。
秋から冬にかけての涼しくなる季節は白癬菌の活動が低下するため、爪水虫の完治を目指すには最適な期間です。今から治療を始めて、早めの完治を目指しましょう。

 - 爪水虫について