爪水虫の市販薬・塗り薬

爪水虫は根気よく治療することが必要です。市販の対策品を使って完治を目指しましょう。

太った人は爪水虫になりやすい?

   

太った人は爪水虫になりやすい?

体型と爪水虫の罹患には関係があるのでしょうか?

もしかしたら、肥満によって生じる血液中の成分の差などによって、爪水虫になりやすい・なりにくいという違いが生まれるかもしれません。しかし、今のところデータがなく、関連性はわかっていません。

別の観点から見ると、太った人が爪水虫になりやすい可能性がある

私の義理の父は、男性によくあるような「リンゴ型肥満」の体型をしていて、「七福神のほてい様」のような大きなお腹をしています。実は義父は長年、水虫と爪水虫に悩まされています。爪水虫については、手の爪にまで広がってしまっています。

先日、義父と話をしていると、「皮膚科で爪を切ってもらっている」という話をしていました。なぜ自分で爪を切らないのだろうと思ったのですが、理由を聞いて納得しました。

それは、「お腹が邪魔で自分で爪が切れない」からです。なるほどと思いました。筆者もやや中年太り気味で、靴下を履くのが辛い時があります。確かに、義父のようにお腹が大きければ爪を切るのは大変だろうと納得してしまいました。

自分で爪が切れないとなると、足を洗うのも大変だろうと推測できます。

水虫・爪水虫の予防は清潔にするのが一番です。特に足の指の間は念入りに洗うのが有効です。しかし、お腹が大きいと、足の指を洗うのは一苦労です。

十分に洗えないと、外出先などで付着した白癬菌が定着して、水虫→爪水虫になってしまう可能性が高くなります。

太っている人すべてに当てはまるわけではありませんが、もし、お腹が邪魔で足が十分に洗えていない場合、爪水虫になってしまうリスクが高まります。

特に高齢者は水虫・爪水虫になりやすいと言われています。身内や知り合いにお腹が大きな方がいらしたら、一度爪をチェックしてあげるといいかもしれません。

浸透力に特化したおすすめの爪水虫対策製品

クリアネイルショット

 爪水虫対策のポイントはなんと言っても「浸透力」です。皮膚に比べてとても硬い爪の内部に、いかに効果的に有効成分を届けるかがとても重要になってきます。
クリアネイルショットは浸透力に特化した爪水虫専用のジェルです。
利用者アンケートでは、なんと81%の人が変化を実感しています。
現在1ヶ月お試しコースが用意されていて、しかも満足できない場合は使用後でも全額返金保証をしてくれます。
これは製品に絶対の自信があるからなのでしょう。
爪水虫の治療は、爪が生え替わるまで続くため、長期戦となります。
秋から冬にかけての涼しくなる季節は白癬菌の活動が低下するため、爪水虫の完治を目指すには最適な期間です。今から治療を始めて、早めの完治を目指しましょう。

 - 爪水虫について