爪水虫の市販薬・塗り薬

爪水虫は根気よく治療することが必要です。市販の対策品を使って完治を目指しましょう。

爪水虫と冷え性の関係

      2016/11/07

爪水虫と冷え性の関係

冷え性の人は水虫になりやすいという統計データがあるそうです。この両者はすぐには結びつかないですが、よく考えると関連性が見えてきます。

血行不良と免疫力の低下が関係

冷え性の主な原因は血行不良です。
血行不良になると足先などの末端では、酸素や栄養分の供給が滞って新陳代謝が低下します。そうすると、肌のターンオーバー(角質の生まれ変わり)が遅くなり、角質が厚くなります。
厚くなった角質は白癬菌の格好の住み家となります。もし、白癬菌に感染する機会があった場合は定着しやすくなります。これが冷え性になると水虫になりやすい理由の1つと考えられます。
もう一つは、血流が悪くなって体温が低下すると、免疫力も低下します。体温が1度下がると免疫力は30%低下すると言われています。白癬菌は人間の免疫機構の及ばない皮膚の1番外側に寄生しますが、それでもある程度は免疫の影響を受けます。免疫力が低下すると、白癬菌が活動しやすくなると考えられます。
水虫に感染している場合、爪水虫に感染している割合も高くなるため、冷え性の場合、爪水虫にもなりやすくなると言えます。

対策は

水虫・爪水虫の感染を防ぐには清潔に保つことが1番です。
また、冷え性の改善には、体質改善や身体を温める食べ物を摂ることが有効です。一般に冷え性の主な原因は筋肉量の不足と言われています。定期的に運動をして、筋肉をつけ、体温が上がりやすくするといいでしょう。

 

 

浸透力に特化したおすすめの爪水虫対策製品

クリアネイルショット

 爪水虫対策のポイントはなんと言っても「浸透力」です。皮膚に比べてとても硬い爪の内部に、いかに効果的に有効成分を届けるかがとても重要になってきます。
クリアネイルショットは浸透力に特化した爪水虫専用のジェルです。
利用者アンケートでは、なんと81%の人が変化を実感しています。
現在1ヶ月お試しコースが用意されていて、しかも満足できない場合は使用後でも全額返金保証をしてくれます。
これは製品に絶対の自信があるからなのでしょう。
爪水虫の治療は、爪が生え替わるまで続くため、長期戦となります。
秋から冬にかけての涼しくなる季節は白癬菌の活動が低下するため、爪水虫の完治を目指すには最適な期間です。今から治療を始めて、早めの完治を目指しましょう。

 - 爪水虫について