爪水虫の市販薬・塗り薬

爪水虫は根気よく治療することが必要です。市販の対策品を使って完治を目指しましょう。

爪の異常に気付いたら

      2016/11/11

爪の異常に気付いたら

「爪は健康のバロメーター」とよくいわれます。本サイトのメインテーマである爪水虫であれば、爪に白い筋が入ったり白濁したりします。また、内臓疾患でも何らかの爪の変化を起こす場合があります。爪の変化といっても、いろいろなパターン(症状)があり、それに伴っていろいろな原因がありますし、原因と症状は複雑に絡み合っています。

例えば、甲状腺疾患や心臓病・肺疾患などの病気で起こることがある爪の変化は、ばち状指といわれる爪の異常で、これはよく知られています。爪の変化はこのように何らかの疾患が原因であったり、爪水虫のように感染症が原因であったりしますしますが、さらに爪自体に原因がある場合もあります。

爪はご存知のように固く強くできています。ミイラになってしまっても、しっかりと爪は残っています。それほど爪は頑丈なのです。ですから、爪の変化というのは簡単に起こるものではありません。先に書いたように「爪は健康のバロメーター」ですから、変化を認めたら何かしら対処を行った方がよいわけです。

爪に白い筋などを発見して「アレッ!」と思う程度の変化ならまだしも、通常あまり目にしないような変色や変形を起こせば、人間はもちろん心配になります。こういった場合、内臓疾患なのか何なのかと考え、一体何科を受診したらよいのやらと迷ってしまいます。爪は皮膚の一部です。ですので、基本的にはまず皮膚科を受診することをおすすめします。

浸透力に特化したおすすめの爪水虫対策製品

クリアネイルショット

 爪水虫対策のポイントはなんと言っても「浸透力」です。皮膚に比べてとても硬い爪の内部に、いかに効果的に有効成分を届けるかがとても重要になってきます。
クリアネイルショットは浸透力に特化した爪水虫専用のジェルです。
利用者アンケートでは、なんと81%の人が変化を実感しています。
現在1ヶ月お試しコースが用意されていて、しかも満足できない場合は使用後でも全額返金保証をしてくれます。
これは製品に絶対の自信があるからなのでしょう。
爪水虫の治療は、爪が生え替わるまで続くため、長期戦となります。
秋から冬にかけての涼しくなる季節は白癬菌の活動が低下するため、爪水虫の完治を目指すには最適な期間です。今から治療を始めて、早めの完治を目指しましょう。

 - 爪の基礎知識