爪水虫の市販薬・塗り薬

爪水虫は根気よく治療することが必要です。市販の対策品を使って完治を目指しましょう。

白癬菌はなぜ硬い爪の中に侵入できるのですか?

      2016/11/15

白癬菌はなぜ硬い爪の中に侵入できるのですか?

爪は硬ケラチンというタンパク質でつくられていて非常に硬くなっています。
しかし、白癬菌はケラチンを溶かすケラチナーゼと呼ばれる酵素を持っています。この酵素を出して爪を溶かしながら爪のなかに入っていきます。
白癬菌は同時に、ケラチンを栄養源として増殖していきます。
爪に侵入した白癬菌はケラチンを食べしまい、爪の組織を破壊します。爪水虫にかかると爪がポロポロと欠けてしまうのはこの影響です。

浸透力に特化したおすすめの爪水虫対策製品

クリアネイルショット

 爪水虫対策のポイントはなんと言っても「浸透力」です。皮膚に比べてとても硬い爪の内部に、いかに効果的に有効成分を届けるかがとても重要になってきます。
クリアネイルショットは浸透力に特化した爪水虫専用のジェルです。
利用者アンケートでは、なんと81%の人が変化を実感しています。
現在1ヶ月お試しコースが用意されていて、しかも満足できない場合は使用後でも全額返金保証をしてくれます。
これは製品に絶対の自信があるからなのでしょう。
爪水虫の治療は、爪が生え替わるまで続くため、長期戦となります。
秋から冬にかけての涼しくなる季節は白癬菌の活動が低下するため、爪水虫の完治を目指すには最適な期間です。今から治療を始めて、早めの完治を目指しましょう。

 - 爪水虫に関するFAQ