爪水虫の市販薬・塗り薬

爪水虫は根気よく治療することが必要です。市販の対策品を使って完治を目指しましょう。

爪水虫はお風呂でうつるの

      2016/11/13

爪水虫はお風呂でうつるの

家族や同居人が爪水虫に感染している場合、気になるのがお風呂ですよね。
もしかしたら、同じお風呂に入ったらうつるのではないか?と思ってしまいますよね。

でも大丈夫です。

爪水虫の原因菌である白癬菌は基本的に水を介してはうつりません。また、白癬菌は40度を超えると活動が低下すると言われています。ですので、同じお風呂に入っても大丈夫です。
もし、お風呂で爪水虫がうつるとしたら、爪水虫を患わっている本人が、爪以外の全身に感染を引き起こすはずです。
しかし、そんなことはほとんどありません。

白癬菌が皮膚について定着するまで24時間が必要と言われています。もし、肌についたとしても、毎日身体を洗って清潔にしていれば、問題ありません。

浸透力に特化したおすすめの爪水虫対策製品

クリアネイルショット

 爪水虫対策のポイントはなんと言っても「浸透力」です。皮膚に比べてとても硬い爪の内部に、いかに効果的に有効成分を届けるかがとても重要になってきます。
クリアネイルショットは浸透力に特化した爪水虫専用のジェルです。
利用者アンケートでは、なんと81%の人が変化を実感しています。
現在1ヶ月お試しコースが用意されていて、しかも満足できない場合は使用後でも全額返金保証をしてくれます。
これは製品に絶対の自信があるからなのでしょう。
爪水虫の治療は、爪が生え替わるまで続くため、長期戦となります。
秋から冬にかけての涼しくなる季節は白癬菌の活動が低下するため、爪水虫の完治を目指すには最適な期間です。今から治療を始めて、早めの完治を目指しましょう。

 - 爪水虫に関するFAQ