爪水虫の市販薬・塗り薬

爪水虫は根気よく治療することが必要です。市販の対策品を使って完治を目指しましょう。

爪がもっている役割

      2016/11/07

爪がもっている役割

爪にはどんな役割があるのかなんて、あまり真剣に考えることはありませんね。「爪は指先に付いていて当たり前。なくなったら、なんだか変で気持ち悪い」というのが普通の感覚だと思います。付いていて当たり前の爪なんですが、爪には人間になくてはならない、いくつかの役割を持っています。

まず、手の爪がもしなかったら、今の感覚で物をつかむということが不可能になってしまします。爪が支えになっているために、今の感覚で物をつかむことが可能なんです。爪がなくては同じつかむ力でも指の力を伝えられなくなってしまいます。足の場合には、爪がもしなければ歩くことに困難が生じてしまいます。なぜなら、つま先が蹴りだす力を爪が上手く伝えているためです。それ以外にも、足の爪には体重を支えるという大きな役割もあります。

また、指先の感覚を鋭敏にしてくれるのも爪の持つ役割のひとつです。指先を思ったように使えるのも爪のお陰でもあるのです。

次に手も足も爪は指先にありますから、他の皮膚より固くて丈夫な爪によって保護されています。これも爪が持っている重要な役割です。

普段気にすることのない爪の役割を考えると、もし手にも足にも爪がなかったら、人間の生活自体に支障が起こってしまうといっても過言ではありません。

浸透力に特化したおすすめの爪水虫対策製品

クリアネイルショット

 爪水虫対策のポイントはなんと言っても「浸透力」です。皮膚に比べてとても硬い爪の内部に、いかに効果的に有効成分を届けるかがとても重要になってきます。
クリアネイルショットは浸透力に特化した爪水虫専用のジェルです。
利用者アンケートでは、なんと81%の人が変化を実感しています。
現在1ヶ月お試しコースが用意されていて、しかも満足できない場合は使用後でも全額返金保証をしてくれます。
これは製品に絶対の自信があるからなのでしょう。
爪水虫の治療は、爪が生え替わるまで続くため、長期戦となります。
秋から冬にかけての涼しくなる季節は白癬菌の活動が低下するため、爪水虫の完治を目指すには最適な期間です。今から治療を始めて、早めの完治を目指しましょう。

 - 爪の基礎知識