爪水虫の市販薬・塗り薬

爪水虫は根気よく治療することが必要です。市販の対策品を使って完治を目指しましょう。

爪の老化現象

      2016/11/13

爪の老化現象

爪は人間の他の体の部分と比較して、ほとんど老化することのない部分であるといわれています。しかし、ひとつだけ老化現象として爪に現れる現象があります。それは、爪の縦じわで爪甲縦条といわれるものです。40代以降の男性に多い現象であるとされていますが、女性でも現れる可能性のあるものですし、 2~4歳のころにも現れます。

2~4歳のころのものは、成長とともに無くなっていきますが、老化現象である40代以降の場合は、加齢によるものなのですからそうはいきません。また、俗説で「爪の縦じわがあると病気」といわれることがありますが、根拠のない話であり何も心配する必要のないものです。

爪の縦じわは何も心配する必要のないものではありますが、加齢による現象ですから、爪甲縦条が自分の爪にでているとすればちょっとショックかもしれませんね。縦じわができる原因というのは、皮膚にしわができるのと同じことだとされています。つまり、誰にでも起りえる現象であるということです。

一方で爪にできる横じわの場合には、少し注意する必要があります。爪に横方向にしわができるのは、栄養障害である場合や甘皮が傷むことにより起こります。爪自体の成長に問題があったら横じわになって現れてきます。

また、爪の横方向に白い線が走る場合があります。心不全や心筋梗塞、肺炎などによって現れる可能性がありますから、特に要注意です。

 - 爪の基礎知識