爪水虫に関するFAQ

爪水虫についてのよくある質問とその回答をまとめました。

爪水虫に関するFAQ

足の水虫と爪水虫は関係あるのですか?

爪の水虫の多くは、長い間足の水虫をわずらっているうちに、足にいた菌が爪のまわりから爪の下にもぐりこみ、さらに爪のなかにまで入り込んだものです。 爪水虫と足の水虫には強い関係があります。足の裏に水虫がある場合、ほとんどの場合、爪にも入り...
爪水虫に関するFAQ

パルス療法とはなんですか?

パルス療法とは、医師の指示のもと一定の期間に飲み薬を服用する治療方法です。飲み薬の治療法は6ヶ月間毎日飲まなければならない「連続服用法」と、「パルス療法」の2種類があります。 パルス療法とは従来のように毎日飲み薬を服用するのではなく、...
爪水虫に関するFAQ

爪の伸びる速さはどれくらいですか?

手の爪と足の爪では伸びる速度が異なります。手の爪は1日0.1mm、1カ月に約3mm伸びるのに対して、足の爪は1日0.05mm、1カ月に約1.5mm伸びると言われています。ただし、これはあくまで平均であって個人差があります。 また、年齢...
爪水虫に関するFAQ

爪水虫は再発しますか

爪水虫になって、市販薬を使ったり皮膚科で治療を受けていても途中で止めてしてしまう人も多いのだそうです。 最も多いといわれているのが、止めてしまうというより爪水虫が治ったと勘違いしてしまうパターンです。つまり、実際は爪水虫が完治していな...
爪水虫に関するFAQ

爪水虫の治療期間はどれくらいでしょうか?

爪水虫を完治させるには、治療を始めてから爪が全部生え替わるまでの時間が必要です。 例えば足の爪の場合、1日で約0.05mm、1ヵ月で約1.5mm伸びます。個人差はありますが、足の爪全体が生え変わるのに6~10ヶ月間が必要です。 ...
爪水虫に関するFAQ

爪水虫はお風呂でうつるの

家族や同居人が爪水虫に感染している場合、気になるのがお風呂ですよね。 もしかしたら、同じお風呂に入ったらうつるのではないか?と思ってしまいますよね。 でも大丈夫です。 爪水虫の原因菌である白癬菌は基本的に水を介してはうつりませ...
爪水虫に関するFAQ

白癬菌はなぜ硬い爪の中に侵入できるのですか?

爪は硬ケラチンというタンパク質でつくられていて非常に硬くなっています。 しかし、白癬菌はケラチンを溶かすケラチナーゼと呼ばれる酵素を持っています。この酵素を出して爪を溶かしながら爪のなかに入っていきます。 白癬菌は同時に、ケラチンを栄養...
爪水虫に関するFAQ

爪水虫で悩んでいる人はどれくらいいますか?

爪水虫になってしまった時、自分だけなのだろうか、果たして他の人はどうなんだろうと思うこともあるでしょう。 実は日本皮膚科学会の推計によると、爪水虫に悩んでいる人は常時1000万人以上いると言われています。 日本の人口が1億人ちょっと...
爪水虫に関するFAQ

爪水虫は熱いお湯で治るの?

爪水虫の原因菌である白癬菌は高温多湿な環境を好みますが、逆に温度が高すぎる環境には弱いと言われています。具体的な温度で言うと40~45度以上です。これくらいの温度なら少し熱めのお風呂ならありそうです。 全身を入れるとのぼせてしまうので...
爪水虫に関するFAQ

子供や乳幼児も爪水虫になりますか?

爪水虫の原因菌である白癬菌は大人に限らず子供や赤ちゃんにも感染します。 しかし、一般的に白癬菌は定着するために24時間かかりますので、毎日お風呂に入って清潔にしていれば問題ありません。 特に赤ちゃんは、靴を履いている時間が短く、...
タイトルとURLをコピーしました