爪水虫は熱いお湯で治るの?

爪水虫に関するFAQ

爪水虫の原因菌である白癬菌は高温多湿な環境を好みますが、逆に温度が高すぎる環境には弱いと言われています。具体的な温度で言うと40~45度以上です。これくらいの温度なら少し熱めのお風呂ならありそうです。

全身を入れるとのぼせてしまうので、足先だけ熱いお湯に入れることだけなら可能かもしれません。しかし、高温には弱いと言われていますが、死滅させるには、長い時間が必要なため、現実的ではないかもしれません。

爪水虫を完治させるには、皮膚科に行くか、専用の市販薬を使った方が効果的でしょう。

おすすめの爪水虫対策製品
クリアネイルショットα

爪水虫の症状を解決するには、白癬菌に有効な殺菌成分を爪の中に浸透させる必要があります。
爪の中に浸透させてしまえば、そこに長期間ととどまるので効果を持続させることができます。
このクリアネイルショットαは爪への浸透力に特化して作られた製品です。
クリアネイルショットαは、区分上は医薬品ではなく、「爪のトラブル対策用ジェル」という位置づけになります。
医薬品ではないため商品の説明に爪水虫という表現は使えませんが、このジェルを使い効果を実感している人も多くいます。
このジェルは独自に開発した浸透力を高めるしくみで、爪の奥まで確実に成分を届けることができるのが特長です。
全額返金保証もあるので、気になった方は一度試してみてはいかがでしょうか。

爪水虫に関するFAQ
爪水虫の市販薬・塗り薬

コメント

タイトルとURLをコピーしました