爪水虫の市販薬・塗り薬

爪水虫は根気よく治療することが必要です。市販の対策品を使って完治を目指しましょう。

爪水虫で悩んでいる人はどれくらいいますか?

      2016/11/17

爪水虫で悩んでいる人はどれくらいいますか?

爪水虫になってしまった時、自分だけなのだろうか、果たして他の人はどうなんだろうと思うこともあるでしょう。

実は日本皮膚科学会の推計によると、爪水虫に悩んでいる人は常時1000万人以上いると言われています。
日本の人口が1億人ちょっとなので、だいたい10人に1人が爪水虫で悩んでいるという計算になります。

他にも悩んでいる人ががたくさんいると考えると、自分だけではないと、少しホッとするのではないでしょうか。
しかし、感染している人が多いということは、そこから再感染する可能性もありますので、日本全体で取り組むべき問題かもしれません。

高齢者の割合が高い

アメリカの調査では60歳以上の4人に1人が爪水虫になっているという調査があります。

日本とアメリカは単純には比べれられませんが、高齢化にともなって爪水虫に感染している人は増加する傾向にあります。
日本は高齢化社会がますます進んでいますので、それにともなって爪水虫の患者数も増えていくことが予想されます。
ますます日本全体で取り組むべき問題と言えるのではないでしょうか。

注目の新製品

爪のトラブル対策用ジェル

「にごり爪」や「ボロボロ爪」などの症状を解決するには、有効成分を爪の中に浸透させる必要があります。

爪の中に浸透させてしまえば、そこに長期間ととどまるので効果を持続させることができます。

そこで、爪への浸透力に特化して作られた製品があります。

この製品は、区分上は医薬品ではなく、爪のトラブル対策用ジェルという位置づけになります。

このジェルは独自に開発した浸透力を高めるしくみで、爪の奥まで確実に成分を届けることができるのが特長です。

医薬品ではありませんが、このジェルを使い、変化を実感している人も多くいるようです。

 - 爪水虫に関するFAQ