足の水虫と爪水虫は関係あるのですか?

爪水虫に関するFAQ

爪の水虫の多くは、長い間足の水虫をわずらっているうちに、足にいた菌が爪のまわりから爪の下にもぐりこみ、さらに爪のなかにまで入り込んだものです。

爪水虫と足の水虫には強い関係があります。足の裏に水虫がある場合、ほとんどの場合、爪にも入り込んでいる可能性があります。

また、一度爪の水虫になると、爪が菌の貯蔵庫となって菌をまき散らすため、足の水虫が治らなかったり、再発を繰り返すことになります。

そして、爪水虫を治療しても、足に水虫が残っている場合、また爪水虫に白癬菌がうつって爪水虫が再発する場合があります。このため、足の水虫と爪水虫はセットと考えて治療も同時に行うとよいでしょう。

 

おすすめの爪水虫対策製品
クリアネイルショットα

爪水虫の症状を解決するには、白癬菌に有効な殺菌成分を爪の中に浸透させる必要があります。
爪の中に浸透させてしまえば、そこに長期間ととどまるので効果を持続させることができます。
このクリアネイルショットαは爪への浸透力に特化して作られた製品です。
クリアネイルショットαは、区分上は医薬品ではなく、「爪のトラブル対策用ジェル」という位置づけになります。
医薬品ではないため商品の説明に爪水虫という表現は使えませんが、このジェルを使い効果を実感している人も多くいます。
このジェルは独自に開発した浸透力を高めるしくみで、爪の奥まで確実に成分を届けることができるのが特長です。

爪水虫に関するFAQ
爪水虫の市販薬・塗り薬

コメント

タイトルとURLをコピーしました