爪水虫の市販薬・塗り薬

爪水虫は根気よく治療することが必要です。市販の対策品を使って完治を目指しましょう。

爪がもっている役割

      2016/11/07

爪がもっている役割

爪にはどんな役割があるのかなんて、あまり真剣に考えることはありませんね。「爪は指先に付いていて当たり前。なくなったら、なんだか変で気持ち悪い」というのが普通の感覚だと思います。付いていて当たり前の爪なんですが、爪には人間になくてはならない、いくつかの役割を持っています。

まず、手の爪がもしなかったら、今の感覚で物をつかむということが不可能になってしまします。爪が支えになっているために、今の感覚で物をつかむことが可能なんです。爪がなくては同じつかむ力でも指の力を伝えられなくなってしまいます。足の場合には、爪がもしなければ歩くことに困難が生じてしまいます。なぜなら、つま先が蹴りだす力を爪が上手く伝えているためです。それ以外にも、足の爪には体重を支えるという大きな役割もあります。

また、指先の感覚を鋭敏にしてくれるのも爪の持つ役割のひとつです。指先を思ったように使えるのも爪のお陰でもあるのです。

次に手も足も爪は指先にありますから、他の皮膚より固くて丈夫な爪によって保護されています。これも爪が持っている重要な役割です。

普段気にすることのない爪の役割を考えると、もし手にも足にも爪がなかったら、人間の生活自体に支障が起こってしまうといっても過言ではありません。

注目の新製品

爪のトラブル対策用ジェル

「にごり爪」や「ボロボロ爪」などの症状を解決するには、有効成分を爪の中に浸透させる必要があります。

爪の中に浸透させてしまえば、そこに長期間ととどまるので効果を持続させることができます。

そこで、爪への浸透力に特化して作られた製品があります。

この製品は、区分上は医薬品ではなく、爪のトラブル対策用ジェルという位置づけになります。

このジェルは独自に開発した浸透力を高めるしくみで、爪の奥まで確実に成分を届けることができるのが特長です。

医薬品ではありませんが、このジェルを使い、変化を実感している人も多くいるようです。

 - 爪の基礎知識