爪水虫の市販薬・塗り薬

爪水虫は根気よく治療することが必要です。市販の対策品を使って完治を目指しましょう。

健康な爪とは

      2016/11/11

健康な爪とは

美しく健康な爪の様子を「さくら貝のようだ」と、さくら貝に例えることがあります。
さくら貝は小さな二枚貝ですが、ピンク色をしていて、美しい光沢があります。
このさくら貝のようにピンク色をして滑らかで光沢のある爪が健康な爪の状態と言われます。

爪がピンク色に見えるのは、爪そのものに色があるのではなくて、爪の下の皮膚にある血管が透けて見えるからです。
つまり、薄くて、濁りがなくて、透明度が高く、そして硬い爪、これが健康で理想的な爪の状態です。

爪の根本にある三日月型の白っぽく濁った部分のことを、医学的には「爪半月」と呼びます。
昔から、爪半月がなくなると病気だという説がありますが、爪半月がはっきり見える、見えないは生まれつきのようなもので、健康状態とは関係ありません。ほとんどの人が親指の爪半月は大きく、小指側にいくに従って小さくなります。

注目の新製品

爪のトラブル対策用ジェル

「にごり爪」や「ボロボロ爪」などの症状を解決するには、有効成分を爪の中に浸透させる必要があります。

爪の中に浸透させてしまえば、そこに長期間ととどまるので効果を持続させることができます。

そこで、爪への浸透力に特化して作られた製品があります。

この製品は、区分上は医薬品ではなく、爪のトラブル対策用ジェルという位置づけになります。

このジェルは独自に開発した浸透力を高めるしくみで、爪の奥まで確実に成分を届けることができるのが特長です。

医薬品ではありませんが、このジェルを使い、変化を実感している人も多くいるようです。

 - 爪の基礎知識