爪水虫の市販薬・塗り薬

爪水虫は根気よく治療することが必要です。市販の対策品を使って完治を目指しましょう。

白癬菌の種類

      2016/11/11

白癬菌の種類

一言で爪水虫の原因菌が白癬菌(水虫菌)だといっても、その種類は様々です。
カビ(真菌)・皮膚糸状菌の仲間のうち、人間や動物の皮膚の角質層に住み着くものは数種類あります。
爪水虫の症状の種類がいくつもあるのは、このカビ(真菌)の違いによるものです。

白癬菌の種類

  • 紅色白癬菌(こうしょくはくせんきん)
  • 毛瘡白癬菌(もうそうはくせんきん)
  • 星状白癬菌(せいじょうはくせんきん)
  • 趾間白癬菌(しかんはくせんきん)
  • 菫色白癬菌(きんしょくはくせんきん)
  • 疣状白癬菌(ゆうじょうはくせんきん)
  • 石膏状小胞子菌(せっこうじょうしょうほうしきん)

現在では上記の7種類の白癬菌が知られています。
このうち、日本では紅色白癬菌・毛瘡白癬菌の2つが水虫の二大原因菌と言われています。

浸透力に特化したおすすめの爪水虫対策製品

クリアネイルショット

 爪水虫対策のポイントはなんと言っても「浸透力」です。皮膚に比べてとても硬い爪の内部に、いかに効果的に有効成分を届けるかがとても重要になってきます。
クリアネイルショットは浸透力に特化した爪水虫専用のジェルです。
利用者アンケートでは、なんと81%の人が変化を実感しています。
現在1ヶ月お試しコースが用意されていて、しかも満足できない場合は使用後でも全額返金保証をしてくれます。
これは製品に絶対の自信があるからなのでしょう。
爪水虫の治療は、爪が生え替わるまで続くため、長期戦となります。
秋から冬にかけての涼しくなる季節は白癬菌の活動が低下するため、爪水虫の完治を目指すには最適な期間です。今から治療を始めて、早めの完治を目指しましょう。

 - 白癬菌についての基礎知識