白癬菌の潜む場所

白癬菌についての基礎知識

水虫の原因である白癬菌は人間や動物の皮膚や落ちた垢に生息することから、
以下のような場所に潜んでいて、感染の危険性があると言えます。

白癬菌の増殖しやすい場所

  • 不特定多数が出入りする場所
  • プールやスポーツジム、公共浴場、サウナ
  • ボーリング場やスキー場の貸し靴
  • スリッパやお風呂のマット
  • 一日中履いた靴や靴下の中
  • じゅうたんや畳

不特定多数の人が裸足で歩き回る場所は、白癬菌が付着している可能性が高いです。
また、家のなかであっても家族に水虫を患っている人がいる場合には、皮膚への付着やお風呂のマットでの繁殖など、十分に注意しないといけません。

付着したからと言ってすぐに感染するわけではない

白癬菌が皮膚についてから、菌糸を伸ばして定着するまでに24時間が必要と言われています。ですので、足を清潔にしておけば、ほぼ感染は防げると言っていいでしょう。このため、それほど気にする必要はありません。
ただ、家族が感染している場合、特にバスマット・スリッパの共用はできるだけ避けた方がいいでしょう。

おすすめの爪水虫対策製品
クリアネイルショットα

爪水虫の症状を解決するには、白癬菌に有効な殺菌成分を爪の中に浸透させる必要があります。
爪の中に浸透させてしまえば、そこに長期間ととどまるので効果を持続させることができます。
このクリアネイルショットαは爪への浸透力に特化して作られた製品です。
クリアネイルショットαは、区分上は医薬品ではなく、「爪のトラブル対策用ジェル」という位置づけになります。
医薬品ではないため商品の説明に爪水虫という表現は使えませんが、このジェルを使い効果を実感している人も多くいます。
このジェルは独自に開発した浸透力を高めるしくみで、爪の奥まで確実に成分を届けることができるのが特長です。
全額返金保証もあるので、気になった方は一度試してみてはいかがでしょうか。

白癬菌についての基礎知識
爪水虫の市販薬・塗り薬

コメント

タイトルとURLをコピーしました