爪水虫の市販薬・塗り薬

爪水虫は根気よく治療することが必要です。市販の対策品を使って完治を目指しましょう。

爪水虫でくよくよ悩むのはやめよう

      2016/11/11

爪水虫でくよくよ悩むのはやめよう

爪水虫や水虫は一度かかってしまうとなかなか治りづらい病気です。また、高温多湿の続く梅雨の時期や夏場には白癬菌が活発化して、足のかゆみがひどくなり、症状がひどくなると仕事中などでも気になって集中できなかったりする事もあるでしょう。このような状態になってしまうと治療してはまたぶり返したりといった、病気とのイタチゴッコになりかねません。こうなる前に早めに皮膚科にいって治療する事が大切です。

水虫にかかってしまうとかゆみなどによって集中力が奪われ、イライラしたり、怒りっぽくなりがちで、仕事もうまくいかなくなってまたイライラ……。といったように悪循環を繰り返してしまうこともあります。こんな時には仕事をしてもうまくいきませんから、スッパリと休暇を取って病院にいき、治療に専念するといったことをお勧めします。会社に水虫とバレるのがイヤという人もいらっしゃるでしょうが、別に水虫と正直に答えなくても皮膚病と伝えておけば大丈夫です。

爪水虫にかかったからといってくよくよ悩むのはやめましょう。かえってそれがストレスとなり、別の病気になってしまうこともありますから、まずは水虫を治すという意気込みが大切です。忙しくて病院に行けないという人もいるかと思いますが、独自の方法では正しい治療はできません。どうしても忙しい人はせめて薬局で薬剤師さんに相談してみましょう。

水虫にかかってしまったことは仕方がないことです。問題はこれからどうやって治したらいいのかということです。まず時間がある人は病院へ行くべきですし、時間がない人でも最近は深夜まで開いている薬局もありますから、まずは薬剤師さんに相談してみましょう。その際には恥ずかしがらずに「水虫みたいなんですが」とはっきりと症状を言いましょう。

水虫にかかったことをどうしても人に知られたくない場合には、自宅から離れた病院や薬局で相談するというのも一つの手段です。また、最近ではネット通販でいい薬が手に入ります。口コミなどを参考にして試してみるとよいでしょう。

 - 爪水虫について