爪水虫の市販薬・塗り薬

爪水虫は根気よく治療することが必要です。市販の対策品を使って完治を目指しましょう。

爪水虫の治療は秋~冬~春がチャンス

      2016/11/17

爪水虫の治療は秋~冬~春がチャンス

爪水虫の原因菌である白癬菌は、高温多湿を好みます。
このため、気温と湿度が高い夏場がもっとも活動が活発になります。

特に爪水虫になりやすい足の爪周辺は、靴を履いているので蒸れやすく、まさに高温多湿で白癬菌が絶好調になる環境です。
このため夏場に爪水虫の症状が悪化する人や、新たに爪水虫を発症する人もいるでしょう。

このように夏場に爪水虫の治療をしても、白癬菌の活動が活発のため、効果的な治療が難しい場合があります。

しかし、夏を過ぎて、気温が下がり、乾燥してくると次第に白癬菌の活動も落ち着いてきます。
爪水虫治療のチャンス到来です。

もちろん、爪水虫は爪の中にできるため、人間の体温が伝わり、温度はそれほど下がりません。
また、靴を履いていれば蒸れることもあります。
しかし、夏場に比べれば温度湿度ともに下がることは間違いありません。

清潔に保つようにしましょう

秋~冬~春にかけては、夏場と同様に肌を清潔に保つといいでしょう。
足は指の間まで優しく丁寧に石鹸で洗い、しっかり洗い流しましょう。
白癬菌のエサとなる古い角質が貯まらないように清潔に保つことで、白癬菌を兵糧攻めにすることができます。

また、薬を使っている場合は、欠かさずに使用するようにしましょう。
気温・湿度が下がり活動が鈍くなっているところに、清潔にして兵糧攻めをして、最後は薬でトドメをさす。
秋~冬~春の季節に爪水虫を完治させましょう。

 - 爪水虫について