爪水虫の市販薬・塗り薬

爪水虫は根気よく治療することが必要です。市販の対策品を使って完治を目指しましょう。

爪水虫のレーザー治療

      2016/11/07

爪水虫のレーザー治療

最近の研究で、爪水虫にレーザー治療(別名:レーザーリネイル)が効果を発揮することがわかってきています。

以前からアメリカでは治療が行われていましたが、爪は熱を通しにくいため、患部の温度調節が困難でした。しかし、それらの問題をクリアした改良版も出来始めたようです。

アメリカでは、日本の厚生労働省に該当するFDAという機関での認可も下りていて、日本で普及する日も近いであろう、画期的な治療法です。

この治療方法は月に1回、10分程度治療を、数回行うことで完治を目指します。これまでは内臓疾患、その他の持病、または年齢による健康上の理由から、効果があらわれにくいとされている塗り薬しか選択肢がなかった人には待望の治療法です。また、飲み薬での治療を選択できたとしても、副作用への不安がある人、忙しく通院や検査が困難な人にもおすすめです。

レーザー治療のしくみは、レーザーのエネルギー(熱)で白癬菌を殺菌するというものです。レーザー照射中は多少の熱を感じますが、痛みややけどになることはありません。
レーザー治療を希望する方は、お近くの皮膚科・美容外科などに問い合わせて見てください。
参考までにいくつか病院へのリンクをはっておきます。

浸透力に特化したおすすめの爪水虫対策製品

クリアネイルショット

 爪水虫対策のポイントはなんと言っても「浸透力」です。皮膚に比べてとても硬い爪の内部に、いかに効果的に有効成分を届けるかがとても重要になってきます。
クリアネイルショットは浸透力に特化した爪水虫専用のジェルです。
利用者アンケートでは、なんと81%の人が変化を実感しています。
現在1ヶ月お試しコースが用意されていて、しかも満足できない場合は使用後でも全額返金保証をしてくれます。
これは製品に絶対の自信があるからなのでしょう。
爪水虫の治療は、爪が生え替わるまで続くため、長期戦となります。
秋から冬にかけての涼しくなる季節は白癬菌の活動が低下するため、爪水虫の完治を目指すには最適な期間です。今から治療を始めて、早めの完治を目指しましょう。

 - 爪水虫について