爪水虫の市販薬・塗り薬

爪水虫は根気よく治療することが必要です。市販の対策品を使って完治を目指しましょう。

「水虫」の名前の由来

      2016/11/08

「水虫」の名前の由来

呼びなれると特に何も感じませんが、あらためて考えると「水虫」という呼び方は変わっているなと思いませんか?
なぜ肌の症状が「水虫」なのでしょうか?

水虫の起源は江戸時代

諸説ありますが、「水虫」という呼び方が定着したのは江戸時代と言われています。
当時、農家の人に水虫の症状の人が多かったそうです。理由は田んぼや畑の仕事で泥やぬかるみに足を入れる機会が多く、夏場は汚れて湿った状態が続いたため白癬菌に感染して症状が悪化したことが考えられます。
当時の人は水の中にいる虫にさされたのが原因でかゆみなどの症状が現れると考えていました。「水の中の虫にさされる」→「水虫」となったといいます。
なるほどそんな理由があったんですね。

ちなみに、陰部にできる水虫を「いんきんたむし」といいますが、あの「たむし」は漢字で書くと「田虫」となります。こちらも田んぼでの作業中に虫に刺されることで起きる症状と考えられていたのでしょう。

英語はどうでしょう

英語で水虫は「athlete's foot」といいます。
直訳すると「運動選手の足」になります。
なぜ「運動選手の足」が「水虫」になるのでしょうか?
実は、海外では日本ほど湿度が高くないため、水虫になる人は少ないそうです。そんななかでも水虫になりやすいのは運動選手ということで、「運動選手の足」が水虫を表す言葉になりました。
運動選手は汗をかいて蒸れやすいという点と、運動後のシャワーで感染する人が多いからという特徴があるそうです。
なるほど、おもしろいですね。
ちなみに「爪水虫」は英語で「nail athlete's foot」といいます。

 

浸透力に特化したおすすめの爪水虫対策製品

クリアネイルショット

 爪水虫対策のポイントはなんと言っても「浸透力」です。皮膚に比べてとても硬い爪の内部に、いかに効果的に有効成分を届けるかがとても重要になってきます。
クリアネイルショットは浸透力に特化した爪水虫専用のジェルです。
利用者アンケートでは、なんと81%の人が変化を実感しています。
現在1ヶ月お試しコースが用意されていて、しかも満足できない場合は使用後でも全額返金保証をしてくれます。
これは製品に絶対の自信があるからなのでしょう。
爪水虫の治療は、爪が生え替わるまで続くため、長期戦となります。
秋から冬にかけての涼しくなる季節は白癬菌の活動が低下するため、爪水虫の完治を目指すには最適な期間です。今から治療を始めて、早めの完治を目指しましょう。

 - 爪水虫について